TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:ヘッドライン,学ぶ,走る

TRACの大西です!

前回、紹介した縄跳びトレーニングはいかがですか?
今日は少し足の動かし方のトレーニングをお伝えしていきたいと思います。

今日の紹介するトレーニングは「腿上げ」になります!
あーよく陸上選手がやるやつね!とイメージもしやすいかと思いますが、今日は少しイメージを変えた「腿上げ」を紹介します。

トップ選手の走り方を見ると腿が高く上がり、綺麗な姿勢がキープされています。
しかし、この腿を上げる高さは走る速さと一切関係ないことが論文で明らかにされています。

とはいうものの、「腿上げ」のトレーニングは行いますし、トップ選手の腿が上がっているのも事実です。
この「腿上げ」という表現に勘違いをしてしまいますが、イメージとしては「腿を下げるイメージ」であり、「腿は上がってしまうもの」というトレーニングの意図があります。

「腿を上げる」意識が強いと膝を高く上げようとしてしまい、写真のように姿勢が崩れてしまいます。

これでは腿を高く上げても速く走ることはできません。
「腿上げ」のトレーニングで最も注意しなければならない点でもあります。

「腿上げ」では、足がボールのように地面に着いたら跳ね返ってくる感覚を養うことが重要です。
そのためには、足が跳ね返りやすい位置で地面に着くこと(接地)がポイントなります。

そこで、その接地のポイントを確認するために有効なトレーニングとして、進行方向に対して横を向いて足踏みをするように腿上げをします。

姿勢が崩れない高さまで腿を上げて、地面についている足(腿上げを行っていない方の足)に沿わせるように足を下ろします。
これがズレてしまうと身体がグラグラしてしまい、「腿が上がってしまう」感覚がつかめなくなってしまいます。

チェックポイントしては、映像のように進行方向から正面に見て、踵が自分のお尻の真下よりも遠くに行かずにピストン運動ができているかを見てください。

また、動画では新聞紙を丸めた筒を靴1足〜1.5足分に置き、身体の真下で接地ができるように意識しやすくしています。

意外と知らない腿上げのイメージではなかったでしょうか?
走りの基本の動きになりますので、ぜひチャレンジしてみてください!