TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:ヘッドライン,学ぶ,走る

TRACの大西です。
運動会練習もいよいよ最終回です。
春の運動会ですとこの土日が運動会という学校が多いのではないでしょうか?

かけっこの基本的なトレーニングの重要性はもちろんのこと、運動会で1等賞を取るためにはスタートダッシュが順位に影響することが多々あります。特に、カーブを使う徒競争ではスタートダッシュを決めて良い位置取りが出来るかが重要です。小学校のグラウンドのカーブは急な場合が多く、カーブで抜くのは至難の技です。

スタートダッシュは、構え方を練習することで改善されることが多います。今日は運動会直前でも使える「スタート」をご紹介します!

<構え>
・気をつけの姿勢から、足を一歩引きしゃがみます。写真のように前足を立て、後ろ足の膝が前足のくるぶしの横のあたりに来るようにします。この時に左右の足がくっつかないように拳ひとつ分、左右の間を取りましょう。
・しゃがんだ状態から立ちスタートの構えを作ります。この時に、前にある足のつま先を膝が追い越すように立ちます。スタートの姿勢がきちんとできると前足のかかとが1cmくらい浮く姿勢がとれます。

よくありがちなのは、右の写真のように腰が引けしまう姿勢になっていることです。
体が一直線になるように構えましょう。

<飛び出し>
・腕を大きく使って伸び上がるように出ます。体が一直線になるようなイメージをもって走ります。
・ちょこちょこならないようにダイナミックに動きましょう。

スタートの構えだけであれば、雨天時でもお家でできるトレーニングになります。
運動会でバッチリスタートの構えを決めて大活躍を期待しています!