TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:オススメ,ヘッドライン,学ぶ,走る

TRACコーチの大西です!
「腿上げ」の練習メニューをまとめる前に、明日より開催される日本陸上競技選手権について書きたいと思います。

日本陸上競技選手権は言わば「日本一の運動会」です!
今年の日本選手権はロンドン世界陸上の代表選手選考会も兼ねており、大会参加記録を破り上位に入賞すると代表権を獲得できます。

一番の注目は、何と言っても史上最高レベルと呼び声高い男子100mでしょう!
昨年のリオでメダルをリレーメンバーの3人が好調です。今シーズンの記録は
桐生祥秀選手(東洋大)10秒04(自己記録:10秒01)を筆頭に、10秒06の山縣亮太選手(自己記録:10秒03)、10秒12のケンブリッジ飛鳥選手(自己記録:10秒10)と続いており、混戦必至です。さらに、今シーズン絶好調で追い風参考記録ながら、9秒台を記録した多田修平選手(自己記録:10秒08)や2年前の世界ユースチャンピオンのサニブラウン・ハキーム選手も自己記録10秒18をマークしこれに続きます。この混戦に拍車をかけます。
 また、桐生選手の後輩で先日行われた高校総体近畿ブロック予選で10秒23を記録した洛南高校の宮本大輔選手も注目です。

 明日の予選では、今期は怪我で調整が遅れているリオ200m代表の高瀬慧選手(自己記録:10秒09)と多田選手が激突します。ベテランの仕上がりも気になるところです。

 そんな好選手揃いの男子100mであり、誰が優勝するか全く予想がつきません!
 優勝予想では、怪我なく海外遠征でも結果を残している桐生選手が優勝候補筆頭でしょう。昨年は終盤に競い合う場面では、硬さが見られたものの海外選手のとの競り合いも経験を通じて克服している印象です。中盤までに先頭にいるとそのまま逃げ切ってしまうでしょう。

 それを追うのは、山縣選手、ケンブリッジ選手です。山縣選手は、シーズン初戦で10秒06と好記録をマークした後に、足首の怪我によりレースをキャンセルしています。その回復具合が気になるところです。山縣選手の特徴は、体力を温存するために終盤にスピードを緩める選手がいる中、予選からしっかり走り切る選手です。予選で今までのように力を緩める走りでなければ、怪我の具合が万全とみてとれ、勝負の行方が分からなくなります。ケンブリッジ選手は昨年のチャンピオン。昨年よりも少し走りのキレがないように感じますが、そんな中でも10秒12と自己記録に迫る記録をマークしています。ケンブリッジ選手は後半が得意な選手。後半の切れ味が戻ってきていると昨年のようにレース終盤での逆転が見られるかもしれません。

 そして、個人的に楽しみな選手が多田選手です。リオ五輪の銀メダリストのガトリン選手(アメリカ)も圧巻のロケットスタートを持つ選手です。レースの序盤をリードするのは多田選手になるでしょう。先行することで他の選手がリズムを崩すと優勝をかっさらう可能性もあります。思うようなリードができないと後半に追い込まれてしまう可能性も。。。

 と予想してはみたものの有力選手が多い今大会。スタートラインに立つ選手たちが繰り広げる10秒(もしかしたら9秒!?)の戦いを注目したいと思います!さあ、楽しい3日間が始まります!