TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:オススメ,ヘッドライン,学ぶ,走る

TRACコーチの大西です!
大注目の100mの準決勝が終わりました!

第1組 (-0.2)
10秒10 ケンブリッジ選手
10秒14 桐生選手
10秒35 九鬼選手
10秒36 高橋選手

第2組 (+0.5)
10秒06 サニブラウン選手
10秒10 多田選手
10秒30 川上選手
10秒31 山縣選手

上記のような結果となり、明日の決勝に進出するメンバーが決まりました。

準決勝1組では、リオ五輪でバトンをつないだ桐生選手、ケンブリッジ選手が激突し、まずはケンブリッジ選手に軍配が上がりました。予選で自己記録を出した勢いをそのままにレース序盤からケンブリッジ選手のレースでした。日本選手権前には形を潜めた後半のキレ味が戻ってきており明日の決勝も楽しみです!一方、桐生選手はスタートからの加速で思うようなリードを奪えなかったのかやや硬さが見られたレースでした。それでも10秒14と高いレベルでまとめていおり、ケンブリッジ選手の後半もわかった決勝では修正し簡単にはいかせないレースとなるでしょう。また、4位に滑り込んだの医大生の高橋選手。異色な経歴の選手がどんな活躍をするのか楽しみです。

準決勝2組では、予選から会場をアッと言わせたサニブラウン選手がトップで通過。10秒0台を2本そろえ力のあるところを見せつけています。明日は200mの予選に出場してからの100mの決勝となり、足への負担が気になるところです。以前の走りに比べ、足の入れ替え動作が前方に来るようになり走りのキビキビ感が出ているような印象を受けました。そして、準決勝も終盤までレースをリードしてきた多田選手。最後はサニブラウン選手に刺されてしまいましたが、ロケットスタートは炸裂していました。明日の決勝では、周囲が追いつけないかもと思うスタートが決まると多田選手が逃げ切る可能性が高まります。地元関西の声援も大きな後押しとあるでしょう。
薄氷を踏むかのような着順ではありますが、きっちり山縣選手も決勝へ駒を進めました。ここ一番での力の発揮に定評のある山縣選手ですが、予選よりもタイムを落としてしまった点に怪我の影響を感じます。ただ明日は1レースのみなので、いつもの山縣戦選手の爆発が見られるかもしれません。

明日の決勝はのコース取りは

②山縣選手
③高橋選手
④サニブラウン選手
⑤多田選手
⑥桐生選手
⑦ケンブリッジ選手
⑧九鬼選手
⑨高橋選手

となっています。スタートの得意な桐生選手、多田選手が真ん中のコースに入り、両サイドにサブブラウン、ケンブリッジの両選手が控えています。前者の2名が両隣の
選手がマズイ!と思えるくらいに飛び出せるとぐっと勝機が高まるでしょう。このリードが射程圏にあると刺し込まれる可能性が高くなります。
山縣選手は一番端のコースとなりましたが、中心選手を気にすることなく自分の世界に入りやすく、先ほどの4名がお互いを意識し硬くなると大外から山縣選手が抜け出す可能性が高くなります!

明日の決勝は、9秒台が期待されるレース。想像を絶する緊張感の中でレースになりますが、日本史上最高の100mから目が離せません!
決勝は明日の20時35分から!!