TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:ヘッドライン,学ぶ

TRACの大西です。
一昨日から始まった「運動会最速シューズを探せ!」も第3弾になります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
No.1:検証用シューズの特徴
No.2:検証実験〜全天候型トラック編〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は昨日の検証実験を土のグラウンドで、直線とコーナーを使って行いました。より学校の環境に近い検証実験です!
場所は夢の島運動公園の土のグラウンドで行いました。まずは直線の結果から!

【方法】
①被験者
普段から走ることに慣れているTRACスクールに通う6年生2名を対象。(年齢:11±0歳 身長:144.1±4.45cm)

②シューズ
運動会最速シューズを検証するために、特性の異なるシューズを4足用意し、普段履きなれているシューズを加えた5足のシューズで検証を行った。
各シューズの特性はこちらを参照(NO.1)。

③測定方法
ランダムに選択したシューズ(23.5cm)を履き、土の400mトラックにて直線とコーナーで50m走を各1本、計10本の測定を行なった。各試技の間には十分に休息を設けた。測定については光電管測定器を用いて測定を行なった。

④測定項目
50m走のタイム及び、映像より50m走中歩数をカウントし、ピッチ、ストライドを算出した。また、走った直後にシューズの履いた際の感想を聞いた。

【結果及び考察】
大人用ランニングシューズのNIKE(以下、NIKE)、子供用ランニングシューズのasics(以下、asics)、普段のシューズ(以下、CT)、子供用ランニングシューズの瞬足(以下、瞬足)、adidasのサッカートレーニングシューズ(以下、adidas)を用いてシューズ間で50m疾走タイム、50m走中の歩数、ピッチ、ストライドを比較した。直線の結果は表1(個々のデータ)、表2(2名の平均)に示した通りである。

①タイムについて

直線:NIKE<CT<asics<瞬足<adidas

土のトラックであっても、全天候型のトラックと同様にNIKEが最も速い結果となった。土でも滑りづらくグリップ感があったことを感想としてあげていた。それ以降のタイムの順位は変動した。全天候型トラックからタイムの落ち幅が少ないシューズが上位にきており、NIKEは0.05秒、CTは0.09秒の低下であったが、その他のシューズは0.2秒以上の低下が見られた。同じシューズを履いても、サーフェイスによってタイムに影響があることが明らかとなった。普段走るサーフェイスに適したシューズを選択することも運動会最速シューズを購入する際に、考慮すべき点である。興味深い点は、ゴム状突起のあるシューズが上位に来なかった点である。陸上競技のスパイクシューズと同様な役割を果たすことが期待され、土のグラウンドのような滑りやすいサーフェイスでは高い効果があるのではないかと予測された。本検証実験時はグラウンドが湿っていたおり、乾燥状態ではなかった。そのため、ゴム状の突起を持つシューズの効果が高くなかったと推測される。土の環境でこそトレーニングシューズのグリップ力が発揮されると考えていたadidasのシューズは、ここでも「硬くて走りづらい」との感想でありタイム上位シューズとならなかった。

②歩数、ピッチ、ストライドについて
<直線>

歩数 :asics<NIKE<瞬足<adidas=CT 平均ピッチ:NIKE>CT>瞬足>adidas>asics

平均ストライド:asics<NIKE<瞬足<adidas=CT

上記の3つの項目について考察したい。全天候型に比べてピッチは向上し、ストライドは低下傾向にあった。サーフェイスが滑りやすい場合には、地面に力を伝えてストライドを伸ばすことは難しいことがわかった。感覚的ではあるが押し切らず、足を体の前で入れ替えるような動きが強調されやすいかもしれない。ソールの硬いシューズではシューズを曲げようとして、柔らかいシューズではキック後の戻りが遅いため、いずれも蹴り上げてしまうような動きとなり、足の流れを助長してしまう恐れがある。適切な硬さ、自分の体力レベルに応じた硬さを選択する必要があると考えられる。CTのシューズが上位にきた理由として、地面を蹴りすぎてしまわない絶妙なタイミングで地面をおすことができ、その感覚が研ぎ澄まされているのではないか予想され、CTシューズが上位に来たと考えられる。これらの点から、本番前にシューズの特性を本人が把握することが重要であり、その購入時期も検討すべき点であると言える。

【結論】
学校の環境に近い土のトラック(直線)の場合、運動会最速シューズを選択する際に以下の点を考慮すべきである。

①運動会が行われるサーフェイス(特に乾燥時)について考慮し、乾燥が強い場合にはゴム状の突起のあるシューズを選択すること。

②シューズのグリップ力はサーフェイスや足馴染みによって異なるので、本番2週間から10日前までに購入し走りの感覚を確認すること。

③土のグラウンドの場合、ソールは柔らかずぎず硬すぎず、体力レベル、体格に合わせたシューズを選択すること。

上記のような結果となりました!明日運動会だから・・・という理由で、直前に買い替えるよりもシューズになれる期間は必要そうです。また、本番で力を発揮するために、様々なグラウンドコンディションで走っておくとライバルに差をつけることができるでしょう!

明日はラスト!土トラック<コーナー編>です!!