TRACコーチ 大西正裕

カテゴリ:ヘッドライン

TRACの大西です。
夏休みの宿題の「運動会最速シューズを探せ!」もいよいよ最終章になります!
気になる土トラック・コーナー編の検証結果です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
No.1:検証用シューズの特徴
No.2:検証実験〜全天候型トラック編〜
No.3:検証実験〜土トラック・直線編〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【方法】
①被験者
普段から走ることに慣れているTRACスクールに通う6年生2名を対象。(年齢:11±0歳 身長:144.1±4.45cm)

②シューズ
運動会最速シューズを検証するために、特性の異なるシューズを4足用意し、普段履きなれているシューズを加えた5足のシューズで検証を行った。
各シューズの特性はこちらを参照(NO.1)。

③測定方法
ランダムに選択したシューズ(23.5cm)を履き、土の400mトラックにて直線とコーナーで50m走を各1本、計10本の測定を行なった。各試技の間には十分に休息を設けた。測定については光電管測定器を用いて測定を行なった。

④測定項目
50m走のタイム及び、映像より50m走中歩数をカウントし、ピッチ、ストライドを算出した。また、走った直後にシューズの履いた際の感想を聞いた。

【結果及び考察】
大人用ランニングシューズのNIKE(以下、NIKE)、子供用ランニングシューズのasics(以下、asics)、普段のシューズ(以下、CT)、子供用ランニングシューズの瞬足(以下、瞬足)、adidasのサッカートレーニングシューズ(以下、adidas)を用いてシューズ間で50m疾走タイム、50m走中の歩数、ピッチ、ストライドを比較した。コーナーの結果は表3(個々のデータ)、表4(2名の平均)に示した通りである。

①タイムについて

コーナー:NIKE<瞬足<asics<CT<Adidas

土のグラウンドコーナーの条件では、全天候型トラック、土の直線と同様にNIKEが最も速い結果であった。しかし、それ以降の順位については、これまでと異なる傾向がみられた。中でも、コーナーの性能に特化した瞬足では直線とタイムが変わらない結果となった。”コーナーで差をつけろ”のキャッチコピーをまさに体現した。コーナーではシューズが外力によって変形するため、「シャンク」の性能が発揮され、早いタイムが期待されたが異なる結果となった。この一因として、コーナーでは自体重に、遠心力加わり外力が大きくなり「シャンク」への負荷も取り戻すことができなかったのではないかと考えられる。また、ゴム状の突起を持つシューズの瞬足、アシックスでは直線とのタイム差が少ない傾向が見られた。滑りやすいサーフェイスでは、突起状のものがスパイクの変わりとなりグリップ力を高める効果を持つことが示された。
どのシューズでもコーナーでは、バランスを取るためにやや前傾気味の姿勢となり、やや足が後方に蹴り上げるような(足の流れる)走動作に変容していた。そこで、コーナーではグリップ力の高いシューズを選択することで、足の流れを抑制できタイムの向上する可能性が考えられる。

②歩数、ピッチ、ストライドについて

歩数 :asics<瞬足<NIKE=adidasCT>瞬足>asics>adidas

平均ストライド:CT<adidas=NIKE<瞬足<asics

土の直線に比較し、ピッチ、ストライド共に低下傾向にあった。瞬足のみ直線と同じデータであり、コーナーでストライドを確保しつつピッチを落とさない走りが可能なシューズであった。
コーナーでの走りの特徴として、スピードの出ていない時ほどコーナーで滑っており、前方への引き出しが遅れていた。asics、瞬足ではグリップの効果からか、コーナーでも地面を捉え足を前方に送り出し接地時のブレーキ要素が少ないような走りの印象を受けた。その際に、シューズの中で足が遊ばないフィット感が重要になると予測し、硬いアッパーのadidasこそが運動会最速シューズとして推していたが異なる結果となった。改めて専門シューズの機能の高さを知る検証結果となった。コーナーでの走りの安定性を向上させるために、「ヒールカウンター」の役割も重要である。「ヒールカウンター」とは踵部分に入っている硬いカップで、走行中の踵のブレを軽減し、蹴り出す際の力を逃がさずに地面に伝えるためのパーツである。瞬足を除く、4足のシューズで「ヒールカウンター」があることが確認されたが、コーナーが緩いため結果に影響を与えるほどではなかった。しかし、スピードが高い大人やコーナーが急な学校のグラウンドなのでは、この「ヒールカウンター」があることによりコーナーで力を伝える際のロスが軽減されることが予測されるため今後の検証課題としたい。
土のトラックでは土のグラウンドの乾燥の程度などのコンディションによって結果は異なると考えられる。(検証実験時の天候は曇り。少し水分を含んだ状態であった。)

【結論】
運動会最速シューズ〜コーナー編〜を選択するために、以下の点について考慮すべきである。

①コーナーではグリップ力の高いシューズはタイムの変化が小さいこと。
②フィット感が高いアッパーの固すぎずホールドされ、履き口緩くないシューズが適している。
③サイズのあった専門シューズを選択すること。

8/31のこの時間にようやく夏休みの宿題を完結させました!
今回の検証ではジャストサイズでシューズを選択しました。子供用シューズ購入する際に、やや大きめのシューズを買う場合が多くあります。すぐに大きくなるため難しい判断ではありますが、シューズの性能を活かすためにはできるだけジャストサイズのものをご購入することをお勧めします。
被験者数が少なく、データ的には弱い部分は否めないですが、秋運動会を控えている皆さんのシューズ選択の一助となれば幸いです!

また、こんなこと知りたい、検証してほしいということがあれば是非TRACまでご連絡ください!こんなマニアックな世界観を語れる仲間も募集しています!