TRAC最速〜山田コーチ〜

2018年06月26日 | TRACスタッフ

こんにちは。TRACコーチの山田です。

前回、関東インカレについて投稿させて頂きました。ですが自己紹介がまだでしたので、今回させて頂きます。

 

【自己紹介】

出身:埼玉県北葛飾郡杉戸町(長閑なところです。)

種目:短距離(100m,200m)

担当クラス:Jrクラス(木曜日)

指導スタイル:チャレンジしてみようからはじめるステップアップ指導

 

【普段は何をしているのか】

都内の大学で教育学を専攻し、将来学校の先生になることを目指して日々努力しています。また陸上競技部に所属し、競技を続けています。

 

【陸上競技との出会い】

小学校まで野球をしていました。得意なことはバッティングではなく、走塁であり当時から走ることは好きでした。中学に入ってはどの部活に入ろうか迷っていました。部活動体験期間に様々な部活(バレーボール、バドミントン、野球など)を転々としました。その中で、走ることが好きなこともあり、一番魅力を感じたのが陸上競技でした。それからは、高校、大学と陸上競技を続けて現在に至ります。

 

【陸上競技の魅力】

陸上競技は、他人との競争する楽しさ・自分の記録への挑戦することの楽しさの2つの側面があります。楽しさの側面が2つあることで競技を行う人のタイプによってマイペースに続けることができると思います。また、陸上競技はほかの競技同様に競技歴が長ければ長いほど優位であるとは、一概に言えません。競技歴が浅いけれども、日本一になる、日本代表として世界に挑戦するケースは少なくありません。(有名な例で言いますと、武井壮さんは大学から陸上競技を始め、日本一になっています。)なので、どの世代から始めても1番になれる可能性はあると考えられそうです。

 

【自分の可能性を広げる】

私はもともと走幅跳が専門でした。しかし、怪我をしてからは種目を変更し、今は短距離を専門として競技を続けています。今やっている事を変えるという事はそれなりに勇気がいる事です。勇気を振り絞って、挑戦することが大事だと思います。現状維持では何も起こりません。変化を恐れずに何事も挑戦することにより、見えてくるものがあると思います。コーチとしてはまだまだ未熟ですが、失敗を恐れず挑戦することを第一に子どもたちと一緒に学び合って成長していけたらなと思います。

【TRACコーチの評価】

現役スプリンターの山田コーチ。100m10秒5のスプリント力を持って華麗なお手本パフォーマンスを魅せる。普段は大人しいが、本人が興味がある話にはテンションが上がりトーンが高くなる性質がある。山田コーチがテンションが上がる話題については、コーチたちもまだ不明である。