全力を出せ!!

2018年07月13日 | TRACスタッフ

こんにちは!TRACコーチの松永です。

僕の「何かをひきつける」スピリチュアルな能力は、未だに幸運を呼び寄せられていません(笑)実はちょっと「もう本当にヤバいのではないか!?占いとかお寺とか行った方が良いかな?」と思っていたりします(笑)

 

そんな私情はさておき、本題に入りたいと思います。

皆さんは、タイトルを見てどういう場面を思い浮かべますか?長距離のラストスパート、100m走っているところ、様々だと思います。

 

僕は、中学時代から今でも400mという種目をおもに走っています。当然最初から最後まで全力で走り切ることは出来ません。僕はそれが嫌で、練習で全力を抑えて走ったりしていました。

それでもタイムは良くなりましたが、ある所からタイムが伸びなくなりました。

タイトルの言葉はそんな時に中学の顧問の先生が言って下さったものです。

 

400mとはいえ、短距離です。つまり、最終的には100mを全力疾走するようなスピードも必要になります。タイムが伸びなくなった理由はココにありました。

走る時のスピードは、筋肉を伸び縮み(収縮)させることで生み出されます。スピードupするためには、この筋肉の収縮を速くすることが求められます。そして、筋肉の収縮の速さは全力で行うほど速くなります。もちろん、すぐに速くできる訳ではありませんが、全力を出して繰り返すことで、徐々に速くなります。

このメカニズムを中学の時の僕に照らし合わせると、全力を出していなかったということは、筋肉の収縮は速くなく、走るスピードにつながっていませんでした。

 

当時は先生が言って下さったことに対してどういうことなのか理解できずにいましたが、今ではどういう理由であるかもわかって納得することができました。

 

速く走る為に「ももあげ」や「うで振り」に目がいってしまいますが、まずは全力を出すところが大事だと思います。

TRACでは、50m測定会を行い、全力を出せる場を創っています。全力で走りたくなった皆さんの参加をお待ちしています!